雨前だと、リハビリされてても触られる感覚が、鈍くなるんだって( SLE DIARY )

ちーちゃん入院10日目
ストレスがかなり溜まってきました


一般病棟だとリハビリの回数が前より少なくて
もっとリハビリがしたいのにできなくてね
家族がそばにいて、サポートできるときは大丈夫だけど
看護師さんも忙しいため、トイレ以外の用事を頼むのも
遠慮しちゃうのです(´ー`;)ゞ


昨日はなんとか自分で物を取ろうとして
車椅子から滑り落ちたと聞きビックリ(;´Д`)
左眼ぶつけなくてよかった。。。


というわけで、早めの転院希望を伝えたため
今日ソーシャルワーカーさんが決まり
初めてきてくださいました


わがままかもしれないけど、早くリハビリができる病院へ
転院したいことを伝え、できれば年末年始は
家に帰りたいと言うことも伝え、年始からリハビリ入院
するのが我が家の理想です


うちは幸いにも父が柔道整復師なので
リハビリが家でできるし、介護も慣れているから
受け入れ態勢はバッチリ(`・ω・´)b


父ね…めっちゃスパルタすぎるの( #●´艸`)プププ∮+゚
家族だからって全然甘くないw
甘いとダメなのはわかっているけど
ちーちゃんはリハビリ室でもこんなうるさくないと
文句言っているよ( *´ω`)クスクス


でも毎日本当に父はリハビリをがんばってくれていて
娘のためだとはいえ、感謝しています人´Д`*)ありがとぉ☆
父が言ってくれたのは、自分が柔道整復師になったのは
ちーちゃんの身体を治すためになったのかな?って。
それを聞いたとき、不覚にも涙しそうになったのは内緒


ちーちゃんが22歳でSLE増悪で危篤状態に陥ったとき
意識がないなか父は足の裏のツボを刺激したりして
毎日リハビリをしてくれていました。


そのおかげでその後の回復も早かったです
ホップ、ステップ、ジャンプで治ったんじゃなくて
ホップからステップ抜かして、ジャンプで治った感じ
この意味わかります?((´∀`*)) アハハ。


ちーちゃんの人生において、父のリハビリは
欠かすことのできないもの
今回の事で、家族の絆がまた深まった気がします
だからちーちゃんリハビリd(@^∇゚)/ファイトッ♪
としか言いようがない


みんなで一緒に新年を迎えられたらいいなぁ


ポチッとしていただけたらふたごが歌って喜びます 
♪~θ(^0^ )( ^0^)θ~♪   

にほんブログ村 病気ブログ 全身性エリテマトーデスへ
にほんブログ村

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

Secre

プロフィール

ふたごパンダ

Author:ふたごパンダ
性別:ふたごの女性

姉:ちーちゃん(ΦωΦ)
妹:きーちゃん(ΘェΘ)
  
ブログを書いているのはきーちゃん
(ふたごの妹のほう)です☆

病歴:膠原病の1つ
全身性エリテマトーデス(SLE)

出身地:兵庫県
現在:鹿児島県在住

姉が9歳、妹10歳の時に
SLE(全身性エリテマトーデス)発病。
それから28年以上のおつきあいデス(* ̄∀ ̄)ゞ

私たちの病気は、まだまだ一般的に認知度は低いですが、
体調が安定していれば普通に生活できます。

難病という言葉だけで重たいイメージを持たれがちだけど、私たちのブログでそんなことないんだな~と思っていただけたら嬉しいです。

病気のことだけじゃなく、日常のつぶやきも書いています。
気軽に読んでいただけたら嬉しいです(*・∀・*)人(*・∀・*)

詳しいプロフィールはこちら☆

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ふたごのお部屋へようこそ☆
楽天サイト
ポチしてね(*^^*)
お気に入りリンク
見えない障がいバッジ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ふたごへのメールはこちらから(゚▽゚*)ニパッ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ